secbeg’s log

作業メモです

httpdを CentOS6にインストールする

0.はじめに

httpdをソースからインストールしてみました。

1. 前提となるソフトウェアのインストール

  • wget
  • make
  • expat
  • expat-devel
  • pcre
  • pcre-devel
  • apr
  • apr-util
  • gcc

(すでにインストールされているソファウトウェアもあると思います。)

# yum install wget make expat expat-devel pcre pcre-devel gcc
# cd /usr/local/src/
# wget http://ftp.riken.jp/net/apache//apr/apr-1.6.3.tar.gz
# tar -xvzf apr-1.6.3.tar.gz
# cd apr-1.6.3
# ./configure --prefix=/opt/apr/apr-1.6.3
# make
# make install
# cd ..
# wget http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/software/apache//apr/apr-util-1.6.1.tar.gz
# tar -xvzf apr-util-1.6.1.tar.gz
# cd apr-util-1.6.1
# ./configure --prefix=/opt/apr-util/apr-util-1.6.1 --with-apr=/opt/apr/apr-1.6.3
# make
# make install
# cd ..

2.httpdのインストール

# wget http://ftp.riken.jp/net/apache//httpd/httpd-2.4.29.tar.gz
# tar -xvzf httpd-2.4.29.tar.gz
# cd httpd-2.4.29
# ./configure --prefix=/opt/httpd/httpd-2.4.29 --with-apr=/opt/apr/apr-1.6.3/ --with-apr-util=/opt/apr-util/apr-util-1.6.1/
# make
# make install

これで、下記にインストールされます。

/opt/httpd/httpd-2.4.29/

3.起動

まず、iptablesで80ポートを開けておきます。

# vi /etc/sysconfig/iptables

-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 80 -j ACCEPT

を追記し、

# service iptables restart
# /opt/httpd/httpd-2.4.29/bin/apachectl start

ブラウザでサーバにアクセス(http://[server])すると、 f:id:secbeg:20171028100807p:plain と表示されていると思います。

もし起動時にこんなエラーが出たら

AH00558: httpd: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using localhost.localdomain. Set the 'ServerName' directive globally to suppress this message

httpdの設定ファイルを編集し、

# vi /opt/httpd/httpd-2.4.29/conf/httpd.conf

ServerNameのコメントアウトを外して、下記のように書いておきましょう。

ServerName localhost

4.その他

もし、httpdのインストールでエラーが出た場合は、apr-utilがうまくインストールされていない可能性が高いです。make clean で綺麗にし、再度インストールを実行してください。